入社9年  男性社員

あなたにとってナレッジシードとは?

僕にとってナレッジシードは、「仲間」であり「家族」そして「訓練の場」です。売上を上げて社会に貢献する。そしてより良いものをお客様に提供するために切磋琢磨していく仲間。家族のような愛情を感じています。多くの時間を過ごしていく中で、喜怒哀楽をともにし、どんなことでも親身になって話を聞いてくれる。とても安心できる場所です。まだまだ未熟な私が仕事面でも人間性においても学びや成長の場を与えてもらっています。自分という人間を磨くための土壌が整っているので訓練の場とも感じています。

ナレッジシードの魅力を
ズバリ教えてください。

僕が思う魅力は3つ。「人として尊重してくれる」「全てに愛情がある」「とどまらない」です。

もう少し詳しく教えてもらえますか?

「人として尊重してくれる」とは、頭から否定されることがまず無い。なぜそうしたいのか?それをしたらどういう結果になるのか? などの問答を一緒になって考えてくれます。社員としても個人としても、自分の意見や考えを持った「本来の自分」人間としての僕を尊重してくれる会社だということです。「全てに愛情がある」というのは、表現は様々です。優しさ、厳しさ、言葉や態度は時と場合で色々ですが、社員、アルバイトスタッフ、そしてお客様、かかわる全ての人に対して愛情があることを僕は感じるのです。「とどまらない」というのは、新しいことへのチャレンジがどんどんできる会社ということです。本人次第でいくらでも挑戦の機会を与えてもらえます。僕の記憶では、1年の仕事の流れが同じでも、毎年まったく同じことをしている年は1度もなかったと思います。いつも「次はこうしよう」と新しいチャレンジができるのは僕にとって魅力です。

社長はどんな人ですか?

いつも私たちに寄り添って物事を考えてくれる社長です。自ら現場に出ていくのですが、常に周りにアンテナをはっていて、そのアンテナの広さとキャッチした情報をもとにとられる言動はすぐにマネできるものではないと思うほどスゴイです。それでいて明るくてお茶目なんです(笑)。社長の周りにはいつも人が集まります。私は社長から「明かりを灯してくれる人のもとに人は集まる」と教わっているのですが、それを体現されている人です。そして、常にお客様や私たち社員がどうしたら喜んでくれるかを考えていて、良いもの、良いことを追い求めている方です。現状に甘んじることなく「もっと良くならないか」をいつも考え、同じ方法に固執せず、新しいことにチャレンジする。そして行動が非常に速い。スピーディです。私は社長のこうした姿勢を私たちは見習うべきだと思っています。

菅澤聡(入社9年)
私にとってナレッジシードは仲間であり、家族であり、訓練の場です。

入社11年  女性社員

あなたにとってナレッジシードとは?

ナレッジシードは私の社会人人生そのものです。私は学生時代からアルバイトを経て新卒で入社しました。ナレッジシードは、それまで自分が持っていた固定観念をオセロのようにひっくり返させるような場所です。「自分は○○だからできない」と思っていたことでもナレッジシードでの経験を経てできるようになったことがたくさんあります。だからナレッジシードは私にとって新しい自分や考えを発見できる場所です。

ナレッジシードの魅力を
ズバリ教えてください。

自分の固定観念で、いかに自分で自分を縛ったり、他人を決めつけたりしているのかを教えてくれるところが魅力的・・・というか他の会社にはない部分だと私は思います。「自分はこういう人間だ」と思っていたものを覆されたり、それが自分が思っていた考えでは無く、周りに思わされてきただけだと気づかされる場面が多々あります。こんな話しをして良いのか分かりませんが・・・私はずっと「出っ歯」と「団子っ鼻」がコンプレックスだったの(笑)。ナレッジシードに入って、今ではそれがチャームポイントだと思えるようになりました!(あまりに皆がそのことに触れるので・・・笑)今では自分がマイナスに捉えているようなことでも、他の人にとっては全く気にもならないようなことなんだと思えるようになって、堂々と「チャームポイントです!」と言えるようになりました。ちなみに、2つ後輩の男性社員が「僕は顔にNO(ノー) コンプレックスです」と言った時は「顔にコンプレックスがない?!そんな人種がいるのか!?」と自分と正反対すぎて驚いたこともありますが、いろいろな人がみんなで働けることもナレッジシードの魅力です。

社長はどんな人ですか?

1番の魅力は、私が困ったときに、絶対に親身になって相談にのったり行動してくれます。そういう安心感が感じられることです。長年一緒に働かせてもらっている中や、普段の教室での姿からもそういった安心感が感じられます。また、人の喜ぶことを第一に考えられる気配り上手な人ですし、現場目線で私たちと一緒に良い教室を作ろうとする中で、一緒に苦労したり楽しさを共有できる人でもあります。楽しい、やりたいと思ったことは子どものようにキラキラした顔で行動される人で、パワーに満ちあふれています。

椎名恵理子(入社11年)
ナレッジシードは私が新しい自分や考えを見出し発見できる場所。

入社4年  男性社員

あなたにとってナレッジシードとは?

建前ではなく「自分が心の中で考えていること」を表明することが求められる会社です。私は20代のとき、2年ほど塾での仕事をしていましたが、いろいろと上手くいかないことがあり、一度この仕事を離れました。その時に上手くいかなかったことは、その後の社会人生活の上でもやはり同様に上手くいかないままでしたが、そんな自分を変える最後のチャンスとしてナレッジシードにお世話になることになり今に至ります。まだまだ上手くいかないことは多々ありますが、ナレッジシードはその上手くいかないことから、逃げずに取り組んで克服するチャンスを常に与えてくれます。

ナレッジシードの魅力を
ズバリ教えてください。

学習塾というお子さまの成長をお手伝いする事業を行っている会社ですが、それと同じかそれ以上に「社員の成長・育成」に力を入れている会社だと感じています。「できないことはやらなくて良い。できることは全力でやる」と経営理念にも掲げているとおり、「社員のできないところ」よりも「できるところ・長所」に目を向けてくれる会社です。できないところはお互いにフォローし合い、協力して1つの目標に向かっていくところが魅力だと思います。自分を成長させるには最高の環境だと思います。私にとって仕事と言うのは、生活の糧を得るためのものだけではなく、自分自身を成長させる経験を積める場所だと考えているので、様々な人と野繋がり、その人のためにできる最善のことを日々考え、形にしていくことが自分の成長に繋がっていく。そんな楽しさがここでの仕事にはあります。

社長はどんな人ですか?

常日頃から「どうしたいか?」「どうありたいのか?」を明確に持っていらっしゃる人だと思います。また、自分が掲げた信念を曲げずに貫く意志の強い人。それを表に出さず、穏やかな雰囲気で人と接することのできる優しさも持ち合わせている人です。

内藤勲(入社4年)
「自分はどういう人間でありたいのか」を常に僕に問い続ける。それが僕にとってのナレッジシードです。